動物保険に加入することで、ペットが病気になった時の医療費を軽減することができます。ペットくすりでは関係ありませんが、動物病院などにかかるときには役に立つことがあります。
ペットの動物保険

ペットの動物保険


ペットの動物保険

ペットの動物保険

最近ではペットの医療費もかさむことから、動物保険に加入する人が増えてきているようです。

ほとんどの保険がそうであるように、年間の診察回数の上限が設けられているようです。そのような保険では、緊急の時の診察に影響が出ることは明白ですが、それを加味しても動物保険は人気のようです。

人間の医療保険で、診察上限があればだれも加入しないと思いますが、ペットに関しては自分自身の痛みや苦しみがないので別なのでしょうか?

また、保険の使用回数によっては、来年からの保険料金が上がるケースがあるようです。まあ、保険というのはみんなから集めたお金で運営されているので、しょうがないことなの個もしれませんね。

私は、動物保険自体を否定するわけではありませんが、自分が飼っているペットは加入させていません。実は、個人輸入代行制度を利用して、海外の安いペットの薬を購入しているのです。取り扱われている医薬品の中には、予防薬なども含まれているので、季節によって様々な病気に対処するようにしています。

夏の時期は、蚊やダニに媒体される病気に注意を払う必要がありますが、それらの予防薬も日本で購入するよりも安い価格で取り扱われています。もちろん送料を入れてもまだ安い価格です。

動物保険のように病気になってから対応するよりも、しっかりと病気を予防することにお金をかける方がきっと賢いお金の使い方だと考えています。
ペットの動物保険

ペットの動物保険

★メニュー

ペットから変なにおいがしたら
ペットの膵炎を対処
ペットの動物保険

★端末別ホームページ

スマートフォン用
モバイル用


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)ペットくすり ご利用者の口コミ情報をご案内